パターン分析

   パターン分析(Pattern Analysis)はテクニカル分析の基本的な手法の一つです。チャート(グラフ)の形状をパターン化し、天井圏・底値圏を判断したり、売買のタイミングを探ったりします。テクニカル分析には欠かせない取引手法と言えるでしょう。パターンには大きく分けて次の二つがあります。いずれの場合も、パターンが完成してブレークアウトが発生した時点が仕掛けの好機となります。

天井圏や底値圏で現れるパターン

   天井圏や底値圏でよく出現するチャートパターンとして、ヘッドアンドショルダー(下図のア)やダブルボトム(イ)などがあります。こうした形状が見られた時は、トテンドが転換する可能性があります。詳しくは天上圏と底値圏の形をご参照ください。

天上圏と底値圏の形

トレンドの途中に現れるパターン

   チャートの形状にはトレンドの途中でよく現れるものもあります。ペナントやフラグと呼ばれるパターンで、トレンドが再開する場合と反転する場合があります。例えば下図のようなボックス圏の動きは注目すべき形状で、売買のタイミングを教えてくれます。詳しくはフォーメーション分析をご参照ください。

水平フラグ型

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.