FXの初心者です。損することが多くて続けるかどうか迷っています。なにかおすすめの取引手法はありますか?

answer初心者の方はベテランの方に比べて、損切りに対する抵抗感がまだ強いのではないかと思います。また、運よくトレンドに乗れても、利益を伸ばすための辛抱にも慣れていないでしょう。そこで、大きな利益を狙うよりも、なるべく確実に(と言っても相場に確実はないのですが)小幅な利益を積み上げる手法がおすすめかと思います。言い換えれば勝率を優先する取引です。そうやってFXを続けながら、スキルを上げていくのです。

   まず、為替相場の分析手法ですが、ファンダメンタル分析テクニカル分析がありますが、主に後者で売買のタイミングを判断するほうが現実的です。為替相場のファンダメンタルズは初心者の手に負えるものではありません。また、たまたま読んだエコノミストの意見を参考にするのも危険です。初心者といえども、自分で判断できるようにすることが大切ですから。

   それから、値上がりしそうな銘柄だけでなく、値下がりしそうな銘柄も同様に視野にいれます。上がるか下がるかが問題ではなく、トレンドが出るかでないかが重要だからです。また、レバレッジは3倍程度が妥当でしょう。自信がついてきたら5倍程度に上げてもよいですが、それ以上はおすすめできません。では、新規取引と決済取引に分けておすすめの手法を解説していきます。

  • 以下の取引手法は参考に供するために掲載するもので、確実性や信頼性を保障するわけではありません。またこれらを参考に取引を行った結果損失を被ったとしても、一切の責任は取引を行ったご本人に帰属することをご承知ください。

新規取引に関する手法

   新規取引の手法は大きく分けて順張り逆張りがありますが、勝率を高めるためには順張りを基本にすべきです。大底や天井をねらうのは運に大きく左右され、ギャンブルの性格がつよくなります。そこでトレンドに乗れる確率の高いテクニカル分析をランキングしてみました。

  1. もちあいからの放れ
    相場にはトレンドのある局面と無い局面があります。確実にトレンドに乗る方法は、トレンドを失っている局面を見つけて、トレンドが発生するのを待つことです。相場の金言である「もちあい放れにつけ」というのはそういうことです。週足でもちあい放れがおこったのなら、たいてい数週間は放置しておいても問題ないはずです。具体的にはフォーメーション分析が有効です。
  2. トレンドへの復帰
    トレンドが転換した相場が押し目や小休止を形成したあとに、そのトレンドへ復帰すればチャンスです。ただ、それが転換後の最初の現象なら当たる確率は高いですが、2番目以降では確率が段々と低下します。なので、1番目だけを狙うと良いでしょう。テクニカル分析では移動平均が有効です。
  3. 波動のシンクロ
    これは1と2の性格をあわせもった分析手法です。3本の移動平均を利用します。日足と3本の移動平均がシンクロして同一方向を目指したとき、大きなチャンスになります。移動平均のクロスを参考にして下さい。

決済方法

   新規取引の注文方法は基本的に成行注文です。これは初心者の方に限らない話しで、自分の目でチャートを確認しながら注文を入れることが非常に重要です。ただ、そうなると常時チャートを見ている必要があり、現実的に難しいという方も多いでしょう。その場合は逆指値注文が役にたちます。また、下記の決済取引で解説しているように、建玉を持ったら利食い・損切りの注文を入れておく必要があります。そのためにイフダン注文は必須の注文方法です。

1.決済取引に関する手法

   決済の仕方も重要です。初心者の方には、あらかじめ決めた率だけ為替相場が動いたら機械的に決済する、定率法がおすすめです。ボラティリティーにもよりますが、日足ベースなら1%が一つの基準になるかと思います。1%でもレバレッジが3倍なら3%に相当します。8時間とか4時間など短い足を使うなら、率も少し下げるとよいでしょう。なお、利食いだけでなく、損切りも同じ率を適用します。ここが非常に重要なポイントなので、何があっても必ず守るようにしてください。

2.注文方法

   決済取引では指値注文と逆指値注文を同時にいれておきます。前者が利食いの、後者は損切りのための注文ですが、セットで入れることをお忘れなく。決済注文を成行にすると、利益を伸ばせる可能性もありますが、損切りがあまくなる可能性が大です。少なくとも初心者と自覚している問は、機械的に決済を行うようにしましょう。

Copyright(c) 2008-2017 All Rights Reserved.